うどん馬鹿

うどん馬鹿「谷」とは?

 谷の頭の中にはうどんのことしかない、本当のうどん馬鹿でなのである。讃岐うどんを作るために生まれてきたと言っても過言ではないくらい、うどんを愛する谷 和幸は香川県の造園業の長男に生まれた。小さい頃からのうどん好きがこうじて、17歳の頃から讃岐うどんの名店「もり家」でアルバイトに明け暮れた。いったんは大学に進学するも、更にうどんを極めるために中退し、アルバイト先である「もり家」に就職する。今の彼の原点には「もり家」という名店があります。その名店のもとで谷は、一日19時間という過酷な修業で鍛えぬかれた。彼はまだ31歳という若さだが、青春のほとんどをうどんに費やしながら今日もひたむきにうどんと向きあっている。

谷 和幸(たに かずゆき)
昭和59年10月14日
香川県高松市出身 A型
高松市の讃岐うどん「もり家」本店にて6年間修業。
その後、同「もり家」の浜松店店長として2年従事。
趣味:うどん作り、トレーニング(うどん作りの為)。